Bamboo Project Japan

Who are we Bamboo Project Japan について

神奈川県秦野市出身のBamboo Project Japan代表 関口修(以下オサム)は、20代後半から、キャンプ場に竹の中に蝋燭を入れた簡易的なランプシェードを作っていました。
これがBamboo Project Japan誕生のキッカケとなり、2006年に開催された『Be-ing Tokyo』参加した。

Bamboo Project Japan from Hadano City, Kanagawa Prefecture, Osamu Sekiguchi (Osam) has been making simple lampshades with candles in bamboo at the campsite since the late 20s.
This marked the birth of Bamboo Project Japan and participated in “Be-ing Tokyo” held in 2006.

立ち上げ当初のランプシェード
イベント「カミナカワ」の様子
2006年『Be-ing』の様子

この頃から小さな音楽イベントへの出展依頼が入ってきた。出展を続ける中で、ランプシェイドだけに留まらず、3本の竹でピラミット状に作られた骨組みに、割いた竹の帯を絡ませるオブジェ「マザーシップ」を作り始めた

While continuing the presentation, he began to create an object “mothership ” that entangles a broken bamboo band with a frame made of pyramid with three bamboos, not just a lampshade

最初のマザーシップ
お台場の海浜公園に展示されたマザーシップ
活動当初のDJブースの装飾

2008年に秦野市行政からの依頼で、秦野市丹沢の野外活動センターに大きな竹のオブジェとLEDイルミネーションを使用した作品を「バレンタインイルミネーション」という企画で展示しました。
年に一度のバレンタインイルミネーションは3年間続き、大掛かりな竹のオブジェを作成しました。

In 2008, at the request of the Hadano City Administration, a work using large bamboo objects and LED illuminations was exhibited at the outdoor activity center in Tanzawa, Hadano City, under the theme of “Valentine illumination.” The annual Valentine illuminations lasted for three years, creating a large bamboo object.

バレンタインイルミネーション
ピースキャンドルの様子
ピースキャンドルの様子
ピースキャンドルの様子

2011年、地域住民とノースフェイスなど数十社から協賛を受けパブリックイベントを企画し、秦野市の土地を利用して『竹と藁のスペースオブジェ展』を開催しました。Bamboo Project Japan(以下BPJ)が扱っている竹と、その年収穫された藁を利用し、大きなオブジェを地域の数カ所に設置しました。

In 2011, a public event was planned with the support of local residents and dozens of companies including the North Face, and a “Bamboo and Straw Space Art Exhibition” was held using land in Hadano City. Using bamboo handled by Bamboo Project Japan (hereinafter BPJ) and straw harvested that year, large objects were set up in several places in the area.

その他にも秦野の民間団体主催の丹沢アートフェスティバルにも参加し始めました。秦野市立運動公園河川敷に大きなオブジェを作り、独自の竹アートを作り上げていきました。

He has also begun participating in the Tanzawa Art Festival, hosted by a private organization in Hadano. He made large objects on the riverbed of Hadano Sports Park and created his own bamboo art.

小田原城ミュージックフェスタ
リバーサイドフェスのステージ装飾
ギャラリーゼンでの初の個展

また近隣の地域にも活動の場を広げ小田原城のミュージックフェスタなどにもマザーシップを展示しました。

2014年にはBPJの代表的な活動となるサマーソニックの会場内の装飾を担当し、BPJが作成し竹の装飾が音楽イベントを盛り上げました。そして引き続き秦野との繋がりは太くなり秦野市主催のたばこ祭りのフロート車を装飾しました。

We also expanded our activities to nearby areas and exhibited motherships at music festivals at Odawara Castle.

In 2014, he was in charge of decorating the venue of Summer sonic, a representative activity of BPJ, and the bamboo decoration created by BPJ excited the music event. And the connection with Hadano continued to grow, and the float car of the tobacco festival sponsored by Hadano City was decorated.

サマーソニックの様子
たばこ祭りに制作したフロート車

Latest works最近のBamboo Project Japanの活動

Contuct Usお仕事のご依頼

私たちは空間演出を中心に活動しております。ご依頼いただいたスペースに合わせ、竹を中心に自然の植物を利用して空間の演出を行います。
ご連絡いただき、実際の場所を拝見させていただければお見積もりさせていただきます。

We are active mainly in spatial production. According to the space requested, we will create a space using natural plants, mainly bamboo.
Contact us and we will look at the actual location and we will quote you.

Contucs Forme

Back to page top